香煎粟米蝦餅│コーンとエビのすり身焼き

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
香港の家庭料理『香煎粟米蝦餅│コーンとエビのすり身焼き』のレシピを紹介します。すり身にしたエビとコーンに小麦粉を加えて団子状に練り、フライパンで焼いて作る料理です。大量に作ってパーティーなどでつまんで食べるもよし、冷凍しておいてお酒のつまみにするもよし、子供のおやつ代わりにするもよし、様々な場面で万能に活躍する料理です。

記事は後日!



粟米蝦仁炒鮮百合│コーンとエビとユリネの中華炒め

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
広東省の家庭料理『粟米蝦仁炒鮮百合│コーンとエビとユリネの中華炒め』のレシピを紹介します。調味料に漬けて味をしみこませたエビを、コーン、ユリネ、パセリと一緒にごま油で炒めた料理です。コーンの甘み、エビの旨味、ユリネのさっぱりとした味のすべてを一度に楽しめる日本人の口に合う料理です。

百合根(ユリネ)は食用にされるユリ科の植物の鱗茎を総称して呼ぶ呼び方です。一般にユリネといえばコオリユニと呼ばれる種を栽培したものの鱗茎を指します。栄養価が高く、古くから民間薬としても使われてきました。

ユリ科を含む単子葉植物のほとんどが草本です。 木になる単子葉植物はヤシやドラセナなどごく少数しかありません。日本ではほとんどお目にかかる機会がありませんが、熱帯地方に行けばヤシの材木で作った家や家具を見かけることができます。台湾では大量のビンロウを消費しており、ビンロウジュの木材を使った家具や小物をときどき見かけることができます。ヤシ科の木材は乾燥品と若木の比重が大きく異なり、また若木か老木かでも性質が大きく異なるそうで、家具や住宅には少々使いにくいとされています。ただ双子葉植物の木材とは違う木目が美しいので、木材を扱う知識のある方は手に入れて加工してみるのも良いかも知れません。台湾では「材木行」などの看板を掲げている場所で手に入れることができます。

それではレシピです。


椒鹽虎蝦│ブラックタイガーの塩コショウ焼き

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
台湾をはじめ中国南部沿岸諸省で食べられる『椒鹽虎蝦│ブラックタイガーの塩コショウ焼き』のレシピを紹介します。地域によって微妙に味付けや調理方法が違うのですが、今回は潮州風のレシピをお届けします。塩コショウとトウガラシをまぶしたブラックタイガーを蒸し焼きにした絶品料理です。ビールによく合います。

台湾では『胡椒蝦』などの名前で特に台湾南部の名物料理として楽しまれています。

さて、料理名にもある「虎蝦」とは「ブラックタイガー」のことで日本でもおなじみの大型のエビの事です。英語でも中国語でも「虎」の名前が付けられていますが、正式な和名は「ウシエビ」といいます。日本だとウシになってしまうんですね。まぁ、中国語でも正式名称は「草蝦」というんですけどね。

タイガーという名称はエビの身の部分に黒い縞模様が入っていることから名づけられました。そのTIGER│タイガーという英語は古代メディア語で矢を表す「Tigris」という語が元になっているそうで、矢のように流の速い川、ティグリス川と同じ語源を持ちます。矢のように動きが早い動物という意味であったとされています。(参考:http://ameblo.jp/nirenoya/entry-10503922274.html)

日本語のトラは「捕らえる」から来ているそうです。日本に存在しないはずのトラにいつ頃どういった理由で名前が付けられたのかは知りませんが、中国から伝説だけが渡ってきて漠然と名前が付けられたのではないでしょうか。

本家漢字の虎の字は象形文字です。この字はかなり古くから存在したことが分っており、中国では恐怖の対象、かつ割と身近な存在であったようです。虎の字を使った故事成語が多いことからも分かりますね。

そんな虎の名前を冠した「エビ」を使った料理です。竹林にブラックタイガーの養殖池を作ったら…、立派なエビになったりはしませんかね…。

それではレシピです。


蝦醬豆卜炒豬頸肉│油揚げとピートロのシュリンプペースト炒め

0 コメント

難易度:☆ 調理時間:30分以内
広東省の家庭料理『蝦醬豆卜炒豬頸肉│厚揚げとピートロのシュリンプペースト炒め』のレシピを紹介します。一口サイズに切った油揚げとピートロの薄切りをシュリンプペーストで味付けしたソースで炒めた中華料理です。豚肉とエビの旨味を油揚げがたっぷりと吸い込んだ絶品料理です。

記事は後日!



冬陰功湯│トムヤムクン

0 コメント

難易度: 調理時間:30分以内
タイ料理の代名詞でもある『冬陰功湯│トムヤムクン』のレシピを紹介します。エビなどの海鮮類と野菜をナンプラーやココナッツミルクで味付けした酸味と辛みの効いたスープ料理です。中国特に南部地方のレシピで作るタイ料理ということで日本のレシピとはやはり少し違う味付けになります。

『トムヤムクン』はタイ語で『ต้มยำกุ้ง』とかきます。日本語だと音訳の「トムヤムクン」が一般的ですが、中国で普通「泰式酸辣湯」などと表記されて呼ばれますが、特に香港やアモイでは「冬陰功」などと音に漢字を充てた表記がされます。「冬陰功湯」と書くとどこぞの薬膳のような感じがしますね。

『トムヤムクン』は中に入れる具や材料によって、名前が変わります。鶏肉を使った『トムヤムガイ』、や海鮮類の入った『トムヤムタレー』、ココナッツジュースでスープを取った『トムヤムヌムコン』などが有名です。下手に材料をアレンジすると料理の名前が変わってしまうので、アレンジに挑戦するのはタイ語を勉強してから(笑)にしましょう。

それではレシピです。


 
日本で作れる台湾料理 © 2012 | Designed by Rumah Dijual , in collaboration with Web Hosting , Blogger Templates and WP Themes
FB FACEBOOK TW TWITTER